サンダーランドafc試合

<ウェブサイト名>

<現在の時刻>

出典: 標準

FAQ お問い合わせ English サイト内検索 企業情報 企業情報 企業情報のトップページへ 社長ごあいさつ 経営理念 ビジョン プレスリリース 企業データ 会社概要 基本方針と安全衛生・環境・品質方針 沿革 組織図 役員一覧 ガバナンス 広告・CMライブラリ 受賞一覧 ネットワーク(拠点情報) 国内主要拠点 グローバルネットワーク 国内グループ会社 イベント情報 展示会情報 学生向けイベント情報 協力会社の皆様へ 鹿島事業協同組合連合会 メニューを閉じる 株主・投資家情報 株主・投資家情報 株主・投資家情報のトップページへ 社長メッセージ:株主・投資家の皆様へ 中期経営計画 コーポレート・ガバナンス 業績ハイライト 個人投資家の皆様へ 株価情報 IRライブラリー 株主・株式情報 サステナビリティ経営 統合報告書 IRカレンダー IRニュース メニューを閉じる 技術とサービス 技術とサービス 技術とサービスのトップページへ 事業分野サイト ニーズから探す 土木事業 開発事業 エンジニアリング事業 技術研究所 建築事業 海外事業 環境事業 KAJIMA DESIGN--> Projects 鹿島の実績集 THE SITE:現場レポート 現場ホームページリンク集 動画でみる鹿島の技術 メニューを閉じる サステナビリティ サステナビリティ サステナビリティのトップページへ 社長ごあいさつ 統合報告書 鹿島グループのマテリアリティ(重要課題) SDGsと鹿島の事業活動 各種方針 ESGの取組み 環境 社会 ガバナンス 社外からの評価 イニシアティブへの参画 ステークホルダー(方針・エンゲージメント) サステナビリティニュース サステナビリティデータ・GRI内容索引 サステナブルファイナンス 社会貢献活動 社会貢献トピックス KAJIMA彫刻コンクール メニューを閉じる 採用・インターンシップ 採用・インターンシップ 採用・インターンシップのトップページへ 新卒採用・インターンシップ キャリア採用 国内グループ採用 留学生の皆様へ 障がい者採用について 学生向けイベント情報--> 公式SNS メニューを閉じる 知る・楽しむ 知る・楽しむ 知る・楽しむのトップページへ カジマキッズアカデミー 探検しよう!いきものにぎわうまち 土木と建築ってなに? ようこそ!鹿島の建設現場へ けんきゅうしつ 設計ってどんな仕事なの? GAME:葉っぱでさがす ミツバチのいるところ 見て知る 広告・CMライブラリ 動画でみる鹿島の技術 YouTube鹿島公式チャンネル 読んで知る KAJIMA MONTHLY REPORT - 月報KAJIMA 鹿島の軌跡 建設博物誌 鹿島出版会 お薦めの書籍 メニューを閉じる 鹿島の海外事業 Network & Services 北米 東南アジア ヨーロッパ オセアニア 台湾 中国 日本 Meet the People プロジェクトリーダー グローバル営業チーム Projects About Us 鹿島の海外事業について 鹿島の海外事業のあゆみ 社会貢献への取組み 環境配慮への取組み Contact Us Language 日本語 English English--> Interviewグローバル営業チーム anc01 anc02 anc03 anc04 anc05--> anc06 anc07--> 鹿島グローバル営業チームでは、世界中に展開する海外現地法人の営業メンバーをオンライン上でリアルタイムで繋ぎ、情報を共有しながら日々活動しています。 お客さまから複数の国や地域でのご計画やインバウンドのご相談を頂く際にもスムーズに世界各地の拠点が連携し、ご要望に対応できる体制を整えています。 グローバル営業チームメンバーのインタビューを是非ご覧ください。 Andrew Neumann 営業担当副社長 カジマ・ビルディング・アンド・デザイングループ 米国建設のプロとして、お客さまとのコミュニケーションにも妥協せず、誠実に対応することをお約束します。 あなたの仕事内容を教えてください。 米国ジョージア州アトランタを拠点に、米国の営業・マーケティングチームを率い、製造業の海外から米国へ投資する顧客の生産施設案件を担当しています。過去14年間のキャリアの中で私は、米国、アジア、ヨーロッパにおいて70億ドル以上のプロジェクト実績があり、世界各地の経済開発局との接点を持ち、多国籍企業の生産施設の新設・拡張の設計・建設を支援しています。 お客さまにどんなサービスが提供できますか。 カジマ・ビルディング&デザイングループ(KBDG)は、設計、エンジニアリング、用地選定支援およびプランニング、デザインビルド、コンストラクションマネジメント、総合請負、プログラム/プロジェクトマネジメント、プレコンストラクション、生産設備の据付工事、LEED認証などのサービスを提供しています。KBDGは58年にわたり、米国で製造業、物流・倉庫施設、食品・飲料、データセンター、内装工事などの設計・施工を手掛けてきました。アトランタ、ニュージャージー、ロサンゼルス、シカゴ、ダラス、シンシナティにオフィスを構え、あらゆるプロジェクトに必要な能力を有しています。 お客さまへメッセージをお願いします。 鹿島のゴールは、お客さまのアイデアを、構想段階から完成まで実現するお手伝いをすることです。特に海外でプロジェクトを行うのは、とても大変なことです。私たちは、グローバルな経験を活かし、私たちのサービス・ソリューションをきちんとお客さまにご説明し、安心して任せて頂けるよう努めております。そして一人一人がプロとして、品質はもちろんのこと、お客さまとのコミュニケーションについても妥協する事なく、誠実に対応することをお約束します。 なぜ鹿島に入社しましたか? 鹿島とは前職で一緒に仕事をしたことがありますが、複数のプロジェクトを共に経験する中で、鹿島の誠実な対応が素晴らしいと感じました。鹿島の社員は、たとえ困難な状況でも、やるべきことを貫くマインドを持っています。私は、180年以上もの歴史を持つ鹿島を心から尊敬しており、転職を考えたとき、自ずと第一候補の会社は鹿島でした。 あなたが今後実現したいこと、やりたいことは何ですか? まずは鹿島のグローバル事業の成長を見届け、グローバル営業チームのリーダーを目指したいと思っています。私は引退するまで鹿島で働き、残りの時間を家族と過ごし、生涯の趣味である旅行を続け、訪れた国の文化を学びたいと考えています。 caption--> caption--> KBD GROUP xxx--> Sandra Wróblewska 営業部長 カジマ・ポーランド 卓越した技術にこだわり、サステナビリティの最前線に立ち、お客さまと長期的な関係を築きます。 あなたの仕事内容を教えてください。 私は、カジマ・ポーランドのシニア・ビジネス・ディベロップメント・マネージャーを務めています。私の仕事は、鹿島が新しいビジネスを生み出すためのマーケティング活動、既存のお客さまとの関係構築、新しいお客さまへのサービスのご提案等です。日々、建設及び不動産マーケットで積極的に活動しています。 お客さまにどんなサービスが提供できますか。 プロジェクトの進捗状況について、他部門の同僚と調整しながら、お客さまとコミュニケーションをとっています。定期的にお客さまと会い、新規案件の検討や、入札への参加を依頼されることもあります。市場動向にも目を配り、お客さまと共有できるような情報を収集しています。また、新しいビジネスの可能性を見出すために、関係者を集めることもあります。 お客さまへメッセージをお願いします。 カジマ・ポーランドは、日本の技術力とお客さまへの献身性、ポーランドの仲間たちの意欲・熱意をもってお客さまのご要望のスケジュール、ご予算でプロジェクトを成功に導きます。鹿島は、卓越した技術にこだわり、サステナビリティの最前線に立ち、お客さまと長期的な関係を築きたいと考えています。私たちは、お客さまの声に耳を傾け、ニーズを理解し、建築する環境、一緒に働く人々、そして建物を利用する人々を尊重した最良のソリューションをご提供します。 なぜ鹿島に入社しましたか? 鹿島に入社したのは、自分自身の知識や経験を高めるだけでなく、グローバル企業の一員として、国際的なビジネス慣行や基準を学ぶためでした。鹿島は世界有数のブランドを顧客に持っており、そのため鹿島に入社してから多くの素晴らしい人々に出会うことができました。また、新しい部署を立ち上げ、地元での知名度を高める機会を得ることもできました。このように鹿島の成功に貢献する機会を得たことは、私にとって大きな喜びであり、今もなお、チャレンジングな仕事です。 あなたが今後実現したいこと、やりたいことは何ですか? 私の今後の目標は、これまでの実績をもとに、より責任ある立場で上級管理職としてキャリアアップしていくことです。鹿島では多くのことを学びましたが、まだまだ学ぶべきことはあるので、これからも継続し、ビジネススキルを高め、鹿島のビジネスの成功に大きく貢献したいと思います。 caption--> caption--> caption--> KAJIMA POLAND James Abeshima プロジェクトマネージャー ハワイアン・ドレッジング・コンストラクション・カンパニー ハワイの建設業界の最先端を行くトップであり続けるために、一歩先へ進んだサービスをお客さまに提供します。 あなたの仕事内容を教えてください。 30年以上のプロジェクトマネジメント経験と、建設業界に関する豊富な知識を持っています。シニアプロジェクトマネージャーとして、大型建築プロジェクトの提案活動およびプレコンストラクションを担当し、高層住宅、ホスピタリティ、医療、産業など、さまざまな業種のプロジェクト計画、設計開発、建設の経験があります。 お客さまにどんなサービスが提供できますか。 ハワイアン・ドレッジング・コンストラクション・カンパニー(HDCC)は、ハワイで最大かつ最も多様な経験を持つゼネコンの1つです。ハワイを代表する土木・建築プロジェクトにおいて数々の実績を持ち、商業、住宅、ホスピタリティ、店舗、ヘルスケア、教育、土木、インフラ、製造施設など、幅広い分野で事業を展開しています。ハワイ州ホノルルを拠点に、ハワイ諸島とグアムでサービスを提供しています。 お客さまへメッセージをお願いします。 HDCCは1902年以来、ハワイで建設を行っています。私たちはお客さまのビジョンやニーズを理解し、実現できるよう、プロジェクト開始前に作業のあらゆる部分を計画します。私たちの企業理念は、安全、革新、品質、納期厳守に対する情熱であり、これらはプロジェクト開始から完了まで、私たちの行動の指針となります。この情熱が、従業員の能力を高める職場環境を生み出す原動力となっています。 なぜ鹿島に入社しましたか? 鹿島は、世界的に高い評価を受けていることで知られる建設会社であり、日系、外資系、ローカル系の顧客を持ち、米国での存在感が大きいことから、唯一無二の経験を得ることができました。私は約30年前、Kajima Construction Services社(現在のKCS Westの前身)の西部地区(ロサンゼルス)事務所に入社し、英語と日本語のスキルを活かし、北米の日系・外資系顧客のさまざまな建設プロジェクトに携わりました。その後、2022年にKAJIMA U.S.A.の子会社であるHDCCに勤務するため、ハワイに転居しています。 あなたが今後実現したいこと、やりたいことは何ですか? 建設業界はここ数年、目覚しい進化を遂げています。もはや、プロジェクトの物理的な建設だけに焦点を当てた業務ではなく、建設前、建設中、引渡し、そしてアフターケアに至るまで、すべてのプロセスを包括的に管理し、サービスを提供することが求められているのです。また、日々進歩する技術もこの業界に大きな影響を与えています。HDCCの目標は、ハワイの建設業界のリーディングカンパニーであり続けるために、社内の業務プロセスと技術開発を続け、これらの革新を応用して効率性を高め、ワークフローを強化し、最も進歩的なサービスをお客さまに提供することです。 caption--> Hawaiian Dredging Construction Company, Inc. 佐藤紀之 ジェネラルマネージャー/営業 カジマ・オーバーシーズ・アジア 世界各地のグローバル営業チームときめ細かなネットワークを作り、お客さまに最適なソリューションを提供する信頼できるパートナーの役割を果たしていきます。 あなたの仕事内容を教えてください。 シンガポールにベースを置く東南アジア建設事業統括現地法人のカジマ・オーバーシーズ・アジア社(KOA)で東南アジア8ヵ国(シンガポール、ベトナム、マレーシア、タイ、インドネシア、フィリピン、インド、ミャンマー)の営業統括業務を担当しています。 お客さまにどんなサービスが提供できますか。 KOA域内の国々は、その成り立ちがさまざまで、文化、言語などが大変豊かです。KOAの各国における経験、実績、そして、提供できるサービスはすべて同じではありませんが、建設プロジェクトにおける事業化検討段階における支援から完成後のメンテナンスなどに至るまで幅広いサービスを提供しています。建設会社に何が相談できるのか分かりづらいと思います。土地はどうやって探す? 建物のプランの検討手順は? 現地の建設事情、基準はどうなっているの?などなど、いつでもお気軽にお問い合わせ下さい。 お客さまへメッセージをお願いします。 建設プロジェクトは引き渡しをして終わりではありません。KOAの役割は一旦そこで完了しますが、お客さまは長きに亘って施設を使われます。KOAは、そのような大事な施設の事業化検討段階から設計、施工、完成後に至るまでシームレスなサービスを提供できる体制を整えています。世界各地で現地に根差しつつ、海外事業本部を起点に現地法人間の横のコミュニケーションを大事にしている鹿島グループ、KOAにご相談下さい。グローバルネットワークを生かした最適な体制、ソリューションでお応えしたいと思っています。 なぜ鹿島に入社しましたか? 大学で政府開発援助に興味を持ったことがきっかけです。漠然といつか海外で働きたいと思っていました。それが徐々に具体的な思いとなり、日本政府が支援する社会インフラ整備や、日系企業をはじめとする多国籍企業及び各国のローカル企業の建設プロジェクトを下支えする仕事に携わるために鹿島に入社を希望しました。 あなたが今後実現したいこと、やりたいことは何ですか? KOAのお客さまの多くが各国に留まらず、東南アジア、アジア太平洋などの大きなマーケットでグローバルな企業活動を行っています。また、近年は、2015年9月の国連総会で採択された持続可能な開発のための17の国際目標(Sustainable Development Goals)に代表される社会課題解決に取り組むことを通じて企業価値向上、競争力強化による事業拡大を図っています。 日本を含むアジア・オセアニア・アメリカ・ヨーロッパなどの各地域に建設、開発事業を合わせ100社以上の現地法人を有し事業展開する鹿島グループは「厚みのあるネットワーク」を生かしてさまざまな形でお客さまの事業を支えることができると信じています。世界各地にいるグローバル営業チームのメンバーがきめ細かなネットワークを作り、お客さまに最適なソリューションを提供する信頼できるパートナーの役割を果たしたいと思っています。 caption--> caption--> KAJIMA OVERSEAS ASIA PTE LTD. 黄 琇慧 営業部長 中鹿營造股份有限公司 鹿島の最先端技術を台湾へ導入し、安心・安全な建物を建設しています。 あなたの仕事内容を教えてください。 私は、地元のお客さまを担当する営業グループのリーダーを務めています。最初のコンタクトから見積金額のご提示、契約手続き、施工中のフォローアップ、竣工引渡後のアフターサービスまで、お客さまに安心していただけるように、社内の各担当部署と連絡調整を行い、プロジェクトの円滑な進行をサポートしています。 お客さまにどんなサービスが提供できますか。 台湾は日本と同様に地震国なので、日本の最新技術を台湾のお客さまに紹介することが多くあります。コロナ禍以前も鹿島技術研究所をはじめ、日本の鹿島の現場を見学したいという要望をたくさんいただきました。鹿島の最先端技術を台湾に導入して、安心・安全な建物をご提供できるよう、また、最適な施工管理により工期、品質などで、お客さまのご期待にお応えできるよう努めています。 お客さまへメッセージをお願いします。 中鹿営造は、日本鹿島の100%子会社です。地元に根ざしつつ、常に日本鹿島の技術指導を受けて、台湾のお客さまにグローバルなサービスを提供しています。また、地元大手ゼネコンに引けを取らない合理的な金額をご提示できるよう努めています。 なぜ鹿島に入社しましたか? 大学で日本語を専攻していたので、日系企業に勤めたいと考えていました。鹿島は、戦前から台湾のインフラ工事に多く携わっていると聞いていたこともあり、入社を志望しました。現在、通勤で毎日利用するMRTの一部工区も鹿島が施工したと知り、誇りに感じています。 あなたが今後実現したいこと、やりたいことは何ですか? 中鹿営造のことを広く知っていただくために、さまざまな業界の方との交流を大切にしています。特に、鹿島ブランドを有力企業の若い世代(二世・三世)にも認識していただけるように、いろいろな場面でアピールしています。お客さまに「中鹿と仕事をしてよかった」「台湾のみならず海外の拠点でも鹿島グループに仕事を頼みたい」と思っていただけるように努力していきたいと思います。 caption--> caption--> 中鹿營造股份有限公司 吉富 順平 営業部長 鹿島建設(中国)有限公司 中国で、お客さまのご意向に合わせた建築に関連するサービス全てに対応します。 あなたの仕事内容を教えてください。 主に日系企業ですが、中国全土のお客さまへの営業活動全般です。車で移動できる上海近郊だけに限らず、北から南につながる中国沿岸部、発展している西部にも出張し、新規プロジェクトの発掘と既存顧客のフォローを行っています。日本の鹿島本社からの紹介もありますが、各地の開発区やデベロッパーなどから、より多くの案件情報を得てスピーディに推進するように尽力しています。 お客さまにどんなサービスが提供できますか。 お客さまのご意向に合わせた、建築に関連するサービスの全てです。鹿島中国では設計施工がメインですが、計画時の土地調査、フィジビリティスタディサービス、設計前の基本計画作成業務にも取り組み、施工のみのご依頼や、プロジェクト管理、施工管理等のコンサル業務にも対応しております。最近では、法律の緩和が進んで設計施工が進めやすくなりました。 お客さまへメッセージをお願いします。 鹿島中国は、2003年の創立以来、日系企業を中心に多くの建設サービスを提供してまいりました。特に、医薬、食品、日用品、自動車業界のお客さまのプロジェクトに携わってきましたが、お陰様で20周年を迎えることが出来ました。引き続き、お客さまのさまざまなご要望に寄り添い、建設関連サービスに関して、より一層お役に立てるよう尽力いたします。いつでもご連絡ください。 なぜ鹿島に入社しましたか? ご縁と思っています。私は2016年末に鹿島中国に採用いただいたのですが、その当時の董事長と知り合いだったことから、上海での集まりの際に転職活動中の私にお声がけいただいたのが始まりです。営業職で、全土を相手にする仕事、また世界に一つの建物をお客さまと一緒になって創っていく仕事は大変面白いですし、やりがいのある仕事に従事していると感じています。 あなたが今後実現したいこと、やりたいことは何ですか? 継続して、中国でさまざまなお客さまのお役に立てる仕事がしたいと考えています。また、鹿島中国は工場建設案件が多いのですが、工場以外の仕事も手掛けられるようになれればと期待しています。担当している案件をフォローしながら、営業活動も行い、会社として、もっと多くの業務に関係していけるようになりたいです。 ゴルフを趣味としており日本人会員が多いゴルフクラブに所属しています。初めは仕事に役立てばと思い会員になりましたが、同世代の方々が多いことや、それぞれハードな仕事をされていながらも、週末にはコースに集まって競い合いながらゴルフを楽しんいることに魅力を感じました。月例競技で良いスコアを出せるように日々頑張っています。将来的には、ゴルフ天国のような南国で余生を過ごしたいと考えています。いつになるか分かりませんが、友人知人たちとゴルフを楽しめるようなライフスタイルを確立したいですね。 鹿島建設(中国)有限公司 --> Meet the People インデックスページへ プロジェクトリーダー グローバル営業チーム Feature Be an Adventurer and Aim for New High --> Contact Us海外事業に関するお問い合わせ ソーシャルメディア 海外事業公式LinkedIn 鹿島公式YouTubeチャンネル ホーム > 技術とサービス > 鹿島の海外事業 > Meet the People > Interview - グローバル営業チーム 鹿島建設株式会社 ホーム 企業情報 株主・投資家情報 技術とサービス サステナビリティ 採用・インターンシップ 知る・楽しむ 社員向け災害対策情報 外部通報窓口 協力会社の皆様へ 電子公告 このサイトについて 個人情報保護方針 ソーシャルメディアポリシー サイトマップ FAQ お問い合わせ 関連リンク--> 関連リンク 日本建設業連合会 公式SNS Copyright (C) 1995–2024 KAJIMA CORPORATION All Rights Reserved.

ビーベット(Beebet)のストリーミング視聴方法とライブべットを実践 ビーベット(Beebet)のストリーミング視聴方法とライブべットを実践 ビーベットから出金できないのはなぜですか? カジノスクラッチ
Copyright ©サンダーランドafc試合 The Paper All rights reserved.